過去のコラム 1〜100 101〜200 201〜300 301〜400 401〜500 501〜600 601〜700 701〜800
 記事検索:  

【第847回】「別府ロープウェイ」からの秋の風情
[平成31年11月08日 14時00分]

 私は、「高千穂峰の会」に所属、10月29日(火)大分県の鶴見岳(1,375m)に、そのメンバー11名で登山してきました。

 この「高千穂峰の会」は、平成11年10月10日、最初に登頂した「高千穂峰」(1, 574m)にちなんで「高千穂峰の会」と呼んでいます。

 あれから21年、メンバーも高齢化してきました。今回の鶴見岳の登山は「別府ロープウェイ」を使ってでした。

 「別府ロープウェイ」は、海抜500mの別府高原駅からおよそ800mの標高差を1,816mで結んでいます。窓越しに見られる景観は、写真でご覧のとおりでした。

 ゴンドラは、101名定員でした。海外からの観光客も多く、マレーシアからの3人グループと少しお話しました。温泉と紅葉を観光のポイントにしての訪問中でした。

 私たち11名は、紅葉に目を奪われながら別府湾にも視線を注ぎ、360度に広がるパノラマに感動しながら下山しました。

 夜は、別府市内のホテルで宴会でした。宴会場に入ると私の「傘寿」の祝いが計画されていまた。そのサプライズに感動するのみで、感謝・感謝でした。有り難うございます。

 そして、スナックへ行き、早朝出発したのも忘れて、日付けの変わる頃まで、声高らかに歌って楽しんできまた。


◆写真:令和元(2019)年10月29日(火)午後2時25分頃
「別府ロープウェイ」から下山中 
大分県:別府市大字南立石字寒原にて




【第846回】「RBC37年卒の会」、京都四条烏丸で
[平成31年11月07日 16時15分]

 「RBC37年卒の会」は、立命館大学放送局(RBC)に属し、昭和37年3月に大学を卒業した仲間の会です。

 今回は、10月26日(土)、午後1時から京都四条烏丸の料亭で行われました。

 当日は、8名の参加がありました。前回は昨年10月27日でしたので、丁度一年ぶりでした。

 話題は、お互いに健康面から始まりました。それもそのはずです。昭和37年卒は「傘寿」の時になります。誕生日前のメンバーもありますが、ほとんど80歳代になりました。

 RBCは、当時、@アナウンス部、A放送劇部、B制作部、C技術部がありました。私はアナウンス部でした。部が違うと交流はあまりありませんでした。その上、理工学部は衣笠校舎でした。

 お互いRBCの局員であることを自覚し、目標に向かって努力したことは共通でした。当日は、およそ60年前の話題にも華が咲き、話題が豊富になり、時の経つのも忘れてしまいそうでした。

 この会は、大学卒業50年を記念して平成23年10月に発足しました。来年は10回目の記念の会になります。幹事長の佐々木様(昭和37年当時の局長)には、色々お世話になりますが、よろしくお願いいたします。

 次回の「第10回RBC37年卒の会」は、来年の秋に京都で・・・と決まりました。
 来年も皆さんとお会いできるように健康管理に心掛け、参加したいと思います。


◆写真:令和元(2019)年10月26日(土)午後2時50分
「RBC37年卒の会」、
京都市:四条烏丸の美濃吉にて




【第845回】傘寿を迎えて
[平成31年10月11日 20時05分]

 私的なことで大変恐縮ですが、私は、今日(10月11日)、傘寿の誕生日を迎えました。 

 昭和14(1939)年10月11日、出水郡東長島村(現長島町)鷹巣で生まれました。

 傘寿を迎えた今、私は、小学校の時、「将来、教師になりたい。」と、夢見ていたことを想い出します。
 それに向かって、小学校・中学校・高校・大学と自分なりに努力してきました。

 大学を卒業と同時に大阪府立高校に勤めるこができました。そして、父との約束で、郷里に帰り、鹿児島県立高校等で定年退職、その後、私立高校へと歩んでいます。

 その間、多く生徒の皆さんとの出会いがありました。その皆さんが大きく成長していることを大変嬉しく思います。
 そして、同僚の皆さん、保護者の方々、地域の方々との出会いもありました。

 これからも多くの皆さんとの出会いを大事にしていきたいと思います。

 私は80歳になりました。元気で生活していることを嬉しく思います。
 子供たちや孫たちからもお祝いと励ましの電話をいただきました。「お元気で、長生きしてね・・・」と。


◆写真:令和元(2019)年10月11日(金)午後5時15分 
誕生日を祝って
鹿児島市:自宅にて



▼過去の記事も見る▼