過去のコラム 1〜100 101〜200 201〜300 301〜400 401〜500 501〜600 601〜700 701〜800
 記事検索:  

【第838回】大阪・花園高校、7期生全体同窓会
[平成31年07月20日 07時30分]

 私は、大阪府立花園高校7期生全体同窓会に出席しました。

 同窓会は、令和元年5月22日(水)午後1時からおよそ2時間,ホテルアウィーナ大阪(大阪市天王寺区)で行われました。

 7期生全体同窓会は、昭和44年(1969年)4月に入学した皆さんです。当時10クラスありましたので、480名が入学した学年だったと思います。

 私が教師8年目の時に入学をした皆さんです。私は、1年8組・2年6組・3年10組と3ヶ年担任しました。480名全員の授業は出来ませんでしたが、同じ学年でしたので全員に非常に想い出の多い学年です。

 当日の参加者は、世話人の小山君を中心に、世話人の皆さんの努力で67名でした。

 当日、皆さんとの会話では、高校時代の思い出や仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと、お孫さんのこと、ご両親の介護のことなど人生の歩みの中での話題が中心でした。そして、高校時代の若々しい姿も随所に見られ、大変楽しそうでした。
 私は、「15の春」に入学してきた当時のことを思い出しながら、大きく、そして、素晴らしく成長してきている皆さんを、大変嬉しく思うことでした。

 今回の7期生全体同窓会は、高校入学から半世紀、もうシニア1年生です。5年前の還暦同窓会で約束して開催されました。

 この同窓会の開催は、世話人の努力を抜きには考えられません。今回の世話人は、小山君を代表に、北田君、浅尾さん、大津さんでした。世話人の4名に敬意を表します。ご苦労様でした。

 次回は、3年後に予定されました。世話人の皆さんご苦労様です。私も元気で参加したいと思います・・・。


◆写真:令和元(2019)年5月22日(水)午後1時10分 
大阪府立花園高校7期生全体同窓会の乾杯の場面 
大阪市天王寺区:ホテルアウィーナ大阪にて




【第837回】鷹巣中学校8期「傘寿同窓会」に参加して
[平成31年06月21日 16時00分]

 私は、平成31年4月22日(月)・23日(火)、太陽の里レジーセンターで行われた長島町立鷹巣中学校昭和30年3月卒業の8期生「傘寿同窓会」に参加しました。
 
 私たち8期生は,123名在籍し、A・B・C組の3クラスありました。
 当日の参加者は26名でした。

 長島町鷹巣の太陽の里ジーセンターで午後6時から会食・懇談等が始まりました。

 「鷹中8期生傘寿同窓会」は、山角様の司会進行で進められ、先ず、開会のあいさつが幹事長の大堂様からありました。次に、物故者に対する黙祷を捧げました。そして、地元代表あいさつ、遠方代表あいさ、乾杯、開宴と続きました。
 久し振りにお会いし、話しにも華が咲きました。歌も唄いました。そして、有志はカラオケ喫茶に移動して自慢ののどを披露しました。宿舎の太陽の里バンガローに帰ったのは、午前0時を回っていました。

 二日目の23日(火)は、母校の鷹巣中学校を訪問し、校長先生からお話をお聞きしました。当時の校舎等はなく景観が一新されていましたが、校歌に歌われている「城山」はそのままでした。

 その後、行人岳、指江のサンセット長島の辺り一面の満開の花を見学しました。そして、太陽の里レジーセンターで昼食をして、一泊二日の「傘寿同窓会」はお開きとなりました。

 今回の「傘寿同窓会」は、私たち鷹巣中学校卒業8期生の最後の同窓会とのことでした。その間、幹事役の皆さんには大変お世話になりました。
 今回は、大堂様、山角様、牧(田中)様,山内(福崎)様の4名でした。大変ご苦労さまでした。心からお礼を申し上げます。

 「鷹中8期生同窓会」は、今回で終わりとなりと寂しい思いがしますが、お互いに情報を交換しながら、元気でお会いしたいものです。そして、都合のつく方々で焼酎を酌み交わしながら話しに華を咲かせて、カラオケで楽しく歌って、交流を続けていきたいものです・・・。


◆写真:平成31年4月22日(月)午後6時10分
会場の横断幕「鷹巣中学校30年卒傘寿同窓会」
出水郡長島町鷹巣:太陽の里レジーセンター




【第836回】メロンパンに思いを込めて
[平成31年04月18日 10時55分]

 私は、4月17日(水)に鹿児島市喜入一倉町にある「グリーンファーム体験ブログラム『桜色のメロンパン』作り」に参加しました。

 食材は、すでに計量されて準備されていましたし、@ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまで混ぜる…など、作り方に従って進めるだけでしたので、調理が不得手な私でも楽しく取り組むことが出来ました。

 私はパンの中でメロンパンが一番好きです。

 昭和14年生まれですが、時代性と地域性から「あんパン」と「メロンパン」しか手に取ることができませんでした。その時、「メロンパン」を食べたことから、80年近く飽きることなくメロンパンを食べ続けています。

 今回は、グリーンファーム職員の方が彼岸桜で作られた桜の塩漬けを飾りに使ったり、それを使った桜あんを中に入れたりしましたので、適度な塩気がある桜色のメロンパンができました。

 長年食べてきましたが、そのようなメロンパンは初めてでしたので、今後もいろいろなバリエーションのメロンパンを食べてみたいと思うことでした。
 
 当日ご指導くださいました「グリーンファーム」のスタッフの皆様、ご親切に、ご丁寧に、お導きくださいまして誠にありがとうございました。


◆写真:平成31年4月17日(水)午前11時25分
体験ブログラムに参加して作成した「桜色のメロンパン」
鹿児島市:喜入一倉町「グリーンファーム」(鹿児島市観光農園公園)



▼過去の記事も見る▼