過去のコラム 1〜100 101〜200 201〜300 301〜400 401〜500 501〜600 601〜700 701〜800
 記事検索:  

【第814回】米ノ津川に泳ぐ「鯉のぼり」
[平成30年05月04日 08時00分]

 明日は、5月5日、「こどもの日」・「端午の節句」です。今年も「鯉のぼり」が各地で見られています。

 私は、5月3日、出水市野球場へ行きました。その近くの米ノ津川をまたいで、ご覧のような「鯉のぼり」が泳いでいました。

 写真は、野球場の対岸から撮影しました。およそ80匹を超える大小の「鯉のぼり」が春風に気持ちよさそうに泳いでいました。

 「鯉のぼり」が川をまたいて泳ぐ姿は珍しくて掲載してみました。出水市の米ノ津川をまたぐ「鯉のぼり」は、ここ出水市野球場近くと東出水小学校近くの簗橋近くにもあります。

 私は、「こどもの日」・「端午の節句」の5月5日を中心に春空に泳ぐ「鯉のぼり」を見ながら季節感を味わっています。


◆写真:平成30年5月3日(祝)午前11時30分
米ノ津川の上知識橋の近く、80匹を超える賑わいです。
出水市:出水市米ノ津川右岸の上知識橋の上流より




【第813回】県立鴨池球場、ソフトバンク対ロッテ熱戦
[平成30年04月17日 09時00分]

 私は、4月15日(日)午後2時から鹿児島県立鴨池野球場で行われたプロ野球公式戦、福岡ソフトバンクスホークス対千葉ロッテマリーンズの1回戦を観戦しました。

 試合は、ソフトバンクが柳田選手のバックスクリーンに入いる逆転サヨナラホームランで7−6で勝ちました。

 9回裏のソフトバンクの攻撃は、先頭打者の本多選手がヒットで出塁、犠打で一死二塁で柳田選手が打者としてボックスに入りました。柳田選手はカウント0−1からの2球目を振り抜くと大飛球となりバックスクリーンに飛び込みました。逆転サヨナラホームランでした・・・。

 ほぼ満席の観客(入場者=19,124人)は、ソフトバンクファンがほとんどでした。劣勢だった9回裏、柳田選手の逆転サヨナラホームランが飛び出した時は球場の大半の観客が総立ちになり、喜びの大きな拍手が贈られました。

 私は、福岡ソフトバンクスが好きで逆転サヨナラホームランが飛び出した時は隣のソフトバンクファンの方と握手をしてしまいました。

 試合展開は、ロッテが優位に展開して、ソフトバンクが追いかける展開でした。
 1回表にロッテが2点先制しました。2回裏に同点に追いつきました。ロッテは4回に2点をあげ7回に1点追加して5点になりその差は3点に開きました。
 ソフトバンクは、8回裏同点に追いつくも9回表にサファテ投手が1点を許してしまい5−6で9回に入りました。その裏の逆転サヨナラですので、ほぼソフトバンクファンに埋め尽くされた球場は最高潮に達しました。


 試合時間は、3時間30分でした。その間、プロの技が随所にみられ感動の連続でした。 私は、野球が好きでソフトバンクの鹿児島での試合はほとんど観戦しています。1995(平成7年)年5月17日に勝ってから8連勝だそうです。私の観戦は、全て勝ちゲームになりました。

 今年は劣勢の試合展開でしたので気持ちの晴れない時もありましたが、最後の最後に逆転ホームランでした。私は、勝利の嬉しさをかみしめながら、敗者のロッテ、そのファンの気持ちも察しながら、路線バスで家路につきました。
 何事も最後まで頑張ること、諦めないことなどをこの試合で学びました。


◆写真:平成30年4月15日(日)午後4時29分
ソフトバンク対ロッテ、ソフトバンクのラッキーセブン、応援歌に合わせて
鹿児島県立鴨池野球場:鹿児島市与次郎2-2-2  電話番号099-251-6020




【第812回】鹿児島県最長「北薩トンネル」開通
[平成30年04月17日 08時50分]

 北薩地域と鹿児島空港を結ぶ北薩横断道路(延長約70km)の中にある「北薩トンネル」は、平成30年3月25日(日)15時に開通しました。

 この「北薩トンネル」は、紫尾山(標高は1,067m)を貫通し、さつま町泊野と出水市高尾野町を結んでいます。
 このトンネルの4,850メートルは、鹿児島県では最長のトンネルになりました。

 北薩横断道路の一部である「泊野道路」のうち,北薩トンネルを含む「きららIC〜中屋敷IC」間の6.9kmが,3月25日(日)に開通しました。
 両ICからは高尾野IC行きのみ利用できるハーフインターです。きららICから中屋敷ICでは下りられず、中屋敷ICからきららICには行けない。高尾野ICからは両ICで下りられます。

 北薩横断道路は,鹿児島空港と阿久根市の国道3号を結ぶ約70kmの地域高規格道路です。

 今回の「泊野道路」開通は,北薩横断道路の約70kmのうち約21kmが開通したことになります。「北薩トンネル」の開通は、冬季の積雪の多い国道328号の紫尾峠を通行しないことや阿久根市や出水市野田町・高尾野町、そして、長島町から鹿児島空港への距離が短縮されます。

 北薩横断道路の全線開通は,九州縦貫自動車道や南九州西回り自動車道などとも接続されて広域交通ネットワークを形成できます。鹿児島空港へのアクセス向上や国道504号の通行高速化に大きく寄与すると思われます。
 全線開通を心から楽しみに待ちたいと思います。


※参考文献:鹿児島県⇒北薩横断道路「泊野道路」の部分開通による


◆写真:平成30年3月26日(月)午前11時20分
きららICから「北薩トンネル」(4,850メートル)入り口付近
さつま町:鹿児島県薩摩郡さつま町泊野で車窓から



▼過去の記事も見る▼