過去のコラム 1〜100 101〜200 201〜300 301〜400 401〜500 501〜600 601〜700 701〜800
 記事検索:  

【第868回】2021、出水の「桜」満開
[平成33年03月31日 10時55分]

 2021年、出水の「桜」は満開です。
 今年の桜は、全国的に例年になく早く開花したという情報が刻々と報道されていました。

 鹿児島市の開花は3月17日(水)で観測史上2番目の早さ、満開は30日(火)で平年より5日、昨年より20日早いと鹿児島気象台は発表しています。

 出水の「桜」も例年より早く開花し、ここ特攻碑公園前の通りの桜は、ご覧のように満開です。
 通りには、3月28日(日)「いずみ桜まつり」の看板が立てられていました。

 当日、私は、訪問していませんので「いずみ桜まつり」の賑わいの状況は分かりませんが、コロナ禍のため例年のような人出はなかったのではないかと思われます。

 私は、80歳代になっていることもあり、新型コロナウイルスの発症した昨年の春から出来るだけ外出を控えています。そして、外出の時は、出来るだけ人出の少ない場所・時間に限定している状況です。

 訪問した時は、平日でしたので、人出は少なく、ゆっくりと桜並木の下を「マスクを着用」して歩き、快晴の空に映し出された満開の桜を満喫しました。


 桜並木の途中に立看板がありました。
 ロータリー桜並木 「この桜並木は、出水ロータリークラブが環境美化の一環として昭和52年3月、会員の手によって苗木を植樹、毎年手入れを行い大事に育てたものです。『皆さんで大切にしましょう』」 国際ロータリー・第273地区 出水ロータリークラブ

 ここの桜並木は、昭和52年(1977年)植樹、今年が44年目になりますね。立派に成長し、桜の名所となっています。


◆写真:令和3(2021)年3月26日(金)午前11時30分
特攻碑公園前一帯の「桜」
出水市:平和町、特攻碑公園前にて

【参考資料】南日本新聞=2021年(令和3年)年3月18日(木)・3月31日(水)




【第867回】鹿児島市〜雪景色〜
[平成33年01月10日 22時15分]

 鹿児島市には、1月9日(土)に続いて今朝もご覧のような積雪がありました。

 今朝10日(日)、自宅の窓を開けるとご覧のような雪景色でした。
 この光景は昨日と同じで、二日続いて同じような雪景色に見舞われました。

 週末は、大雪になることが予報されていましたので、気に掛けていました。予報どおりの雪景色が二日間見られたことになります。

 昼間は、昨日と同様今日も雪は溶けてなくなりましたが、寒い日が続いています。

 記録的な大雪の地方では、除雪作業や車の立ち往生、新幹線の運転見合わせ等が報道されています。非常に大変だと思います。事故がないことを祈るばかりです。

 鹿児島市〜雪景色〜、滑りやすい雪です。外出には、いつもとは違う滑りやすいので、充分に気を付けて行動したいと思います。


◆写真:令和3(2021)年1月10日(日)午前8時30分
自宅の植木と玉里・城山団地方面と桜島
鹿児島市:明和の自宅から




【第866回】令和3年(2021年)初日の出〜桜島〜
[平成33年01月01日 09時20分]

 あけましておめでとうございます。

 令和3年(2021年)の〜初日の出〜です。

 今年の桜島近くからの〜初日の出〜は、午前7時20分頃でした。

 自宅の2階のベランダからは、雲に隠れてハッキリととらえることができませんでした。


 私は、毎年〜初日の出〜を迎えながらお願い事を、心を込めて、手を合わせてしています。

 今年は「新型コロナウイルスの感染症の収束(終息)が一刻も早く、宣言されますように」とより一層心を込めてお祈りしました。

 そして、今年の干支は「うし」ですね。私は「うし」さんに、「う」れしい「し」ゅうそく(嬉しい収束・終息)を一刻も早く力強く宣言してほしいとお願いしました。

 昨年1月に国内で初めて検出されてから、感染者は拡大してきており不安な日々です。12月31日は国内で一日で4000人台の感染者があり一日としては最多だったと報道されました。

 今年、私は、10月の誕生日で満で82歳を迎えます。後期高齢に該当しますので、今まで同様、マスク着用・手指消毒・三密防止など常に心掛けて行動したいと思います。

 一刻も早い新型コロナウイルス感染の収束(終息)を願っています。

 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


◆写真:令和3(2021)年元日(金・祝)午前7時21分
桜島近くからの〜初日の出〜
鹿児島市:明和の自宅から



▼過去の記事も見る▼